トイレの水漏れは放置しない

トイレ 水漏れは、簡単に考えていると被害を拡大してしまう深刻な問題になります。放置しておくことで、トイレの水漏れが酷くなっていきます。水が漏れていることに気がついたら放置をせずに早めに対応することが重要です。そのためには、いつもと違うトイレの変化に気がついたら業者に早く相談をするようにしましょう。

■床が濡れているトラブル  

トイレの掃除をしていなくても床が濡れていることがあれば水漏れの心配を考えることになります。水が漏れている場所を確認することができれば、床が濡れていることの原因がはっきりわかります。
しかし、トイレの種類や設置の方法によっては長く気がつかないものです。この場合には、床への被害が進んでいることもありますので、業者に連絡するのが早い解決方法です。床の材質が木材の場合には腐る原因にもなります。放置しておかずに早めに対応しなければなりません。


■壁や床の色が変わっているときには注意  

トイレ 水漏れのトラブルでは、場所によって放置してしまうものです。しかし、壁や床の色が変わっている箇所があるときには水が漏れていることを考える必要があります。
大量の水でなければ気がつきにくいですが、少しずつ周囲が濡れているのであれば、長い期間水が漏れている可能性があり、場所を特定することがとても大切ですが、このような場合には確認の方法がないため、業者に早く対応してもらうことで安心できます。状況によってはリフォームを行う必要もあります。


■まとめ  
トイレの水漏れでは、すぐに気がつく場所と気がつかない場所を把握しておきましょう。すぐに気がつく場所であれば、すぐに業者に連絡して対応してもらいましょう。放置しておくと深刻な被害になることも考えられます。気がつかない場所は被害が進行しているので、リフォームを行わなければいけない状況になっていることも考えておきたいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ