トイレの水漏れ原因を見つける

水洗式トイレの手洗い管があるタイプは、手を洗う場所が設けるために水道を新しく設ける必要がないので使い勝手が良いです。しかし、長く利用していると水道 修理が必要になることがあります。水が漏れている場合は、あらかじめ漏れている場所を特定して伝えることで、業者がスムーズに作業を行うことができるようになります。

■水が漏れる元を探す 

トイレで水道 修理をしなければいけない水漏れがあるときには、必ず水が漏れている場所を確認する必要があります。手洗い管から水が止まらない場合やタンクに繋がる水道管から漏れている場合などさまざまな原因が考えられます。
手洗い管の場合には、タンクの中から水が溢れてしまい外に漏れてしまうこともあるので、早めに修理をしてもらわないといけない状況です。この場合には、水道を一時的に止めておく必要があります。非常に不便な状態なので早めに業者に連絡したいものです。

■便器のタンクが割れている  

便器のタンクが割れていることで、水が漏れることがあります。 便器自体は陶器製のものがほとんどで、強い衝撃を受けると割れることがあります。便器のタンクが割れた場合で、症状が軽い場合には応急処置の修理を行います。しかし、経年劣化や状況によっては交換をしなければいけないこともあります。便器が割れている箇所が広範囲であれば、大量の水が溢れてしまう状況です。早めに業者に連絡をしないと水が漏れて床が濡れてしまい、二次被害が発生する可能性があります。


■まとめ  
トイレの水漏れは、手洗い管や便器のタンクが原因である場合は、水が漏れている場所を自分でも確認することができます。そのまま放置しておくと、床が濡れ、二次災害が発生することがあります。早めに業者に連絡をする必要があるトラブルです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ